人気のプエラリア製品を徹底比較
編集部が実際に試して、満足度の高い製品を厳選しました
ランキングや体験談レビューなどのコンテンツもご用意!

【基礎知識】プエラリアの成分を知る

プエラリアは、美容やバストアップなど様々な目的に役立ってくれる女性に嬉しい食材です。
そのパワーの背景には、優れた含有成分があります。

いずれも強力な植物性エストロゲンの働きを持ち、女性らしさを力強くサポートしてくれるのが特徴です。
このページでは、そんなプエラリアの含有成分をガイドします。

イソフラボン-Isoflavone-

大豆と同じくイソフラボンを含有しています。
イソフラボンは、大豆の特有成分という訳ではなく、他の植物にも含まれています。
特に豊富に含まれているのは、クズ属の植物です。
プエラリアはクズの仲間で、イソフラボンもたっぷり含有されています。

イソフラボンはポリフェノールの一種で、植物性エストロゲンの働きと同時に、優れた抗酸化作用を持っているのが特徴。
老化の原因となる活性酸素を抑制して、イキイキとした毎日をサポートします。
活力不足や年齢による潤い不足に悩んでいる方には嬉しい成分です。

ダイゼイン・ゲニステイン

大豆に含有されているイソフラボンは、具体的にはダイゼインとゲニステインという2種類で構成されています。
それに対して、プエラリア・ミリフィカには約9種類ものイソフラボンが含有されています。
このことからも、プエラリア・ミリフィカが大豆イソフラボン以上に優れたエストロゲン様作用を持っていることが分かります。

プエラリン-Puerarin-

プエラリンは、プエラリアの含有成分です。
かつて、イギリスの権威ある科学誌である「ネイチャー」に取り上げられたこともある成分です。

この成分に期待されるパワーは「美乳効果」。
バストを大きくするだけでなく、ハリを保ち、シミやシワをケアしてくれるパワーを持っています。

さらに、イソフラボンと同様に抗酸化作用も期待されています。
アンチエイジングに役立つビタミン類の代表例とも言えるビタミンEの100倍のパワーを持っています。
加齢によって生じる体のサビつきをケアして、瑞々しい日々をサポートしてくれるのが特徴です。

ちなみに、プエラリンは葛根湯などに用いられるクズにも含有されています。
逆に、大豆イソフラボンなどで知られる大豆には含まれていません。

さらに、プエラリンを特に豊富に含むプエラリアでも、全体の1%ほどしか含有量がありません。
それだけ希少価値の高い成分と考えることもできるでしょう。

ミロエステロール・デオキシミロエステロール-Miroestrol-

ミロエステロールデオキシミロエステロールは、プエラリアに含まれる有用成分です。
体内で女性ホルモンと同じパワーを発揮する「エストロゲン様作用」という働きが期待されています。

エストロゲン様作用(=植物性エストロゲン)の働きは大豆イソフラボンなどにも期待されていますが、ミロエステロール・デオキシミロエステロールはそれ以上に強力に働きます。
その為、バストアップにもパワーを発揮する、と注目されているのです。

しかし、この成分は非常に強力なパワーを持っているので、摂取する場合は注意する必要も。
過剰に摂ってしまうと、身体に負担をかけてしまうことになるので注意しましょう。
身体に合わない量を摂ってしまうと、生理周期が乱れてしまう事もあります。

サプリメントでの摂取を考えている場合は、一日あたりの目安量をしっかりとチェックしておくことが大事。
多少であれば増減調節はOKですが、基本的には、この摂取量をしっかりと守ることが大切です。

関連記事

トップに戻る