人気のプエラリア製品を徹底比較
編集部が実際に試して、満足度の高い製品を厳選しました
ランキングや体験談レビューなどのコンテンツもご用意!

プエラリアによる乳がんリスク

バストアップやウエストシェイプなど、女性らしい身体にしてくれると話題のプエラリアを愛用されている方は、年々増加傾向といえます。
ところが、同時に副作用として、乳がんリスクが高まるのではないかという問題が度々取りざたされています。
さて、実際にプエラリアは乳がんリスクを高めることに影響があるのでしょうか。

現在では、プエラリアと乳がん発症の関係性は、認められていないほか、プエラリア自体も発がん性物質ではありません。
しかしながら、プエラリアは、乳がん発症と深い関係のある女性ホルモンと、酷似した働きをしますので、プエラリアを大量に摂取するまたは、長期的に継続的に摂取することで、女性ホルモンは活発化します。
その結果、エストロゲンが異常に体内で増殖してしまうという現象が起こりますが、これは、乳がんの発症のリスクを高める結果をなり得るということを忘れてはいけません。

また、プエラリアには、ミロエステロールという成分が含まれています。
この成分は実に曲者であることを認識しなくてはなりません。
女性ホルモンの中でも強い働きをするといわれているエストラジオールととてもよく似た成分が含まれていることにも注意が必要です。
このミロエステロールは、乳がんを結合すると、がん細胞を増殖させてしまうのです。
また、乳がんだけではなく、子宮筋腫や子宮内膜がんのリスクを高めることもありますので、プエラリアの過剰摂取は絶対にしてはなりません。

プエラリアを服用する際には、このようなリスクがあることを十分に念頭に置き、それでも服用したい場合には、用量をきちんと守りましょう。

トップに戻る